初めてお金を借りるならガイド

お金を借りるにはどんな方法がある?

お金を借りる方法は一つだけではありませんね。

 

金融機関に借りる、親に借りる、友達に借りるなど様々な方法が考えられます。

 

しかしどの方法を選ぶのかによって、後々まで大きな影響を及ぼしてしまうこともあるのです。

 

どうやってお金を借りるのか、その方法の選び方はとても重要でしょう。

 

金融機関といっても、銀行だけではありません。消費者金融や信販会社、クレジット会社などもお金の借入先として選ばれています。お金を借りる場合は、ローンを利用することになりますね。ローンは、借入目的に応じて適切なものを選ぶようにしましょう。

 

また、ローンは法律によって借りられる額や、利用できる方に制限が見つかることもあるでしょう。たとえば、貸金業法の規制を受けている消費者金融は、本人収入がある方しか申し込めません。アルバイトやパートなど、勤務形態は問われないことが多いのですが、安定した収入がある方が申し込みの対象となっています。

 

お金を借りる方法は、難しいと考えられがちです。しかし、最近は担保なしかつ保証人がなくても申し込みできる、カードローンも大変人気が高くなっています。カードローンは繰り返しの利用や、借入目的を自由に決められることなど、使いやすさの点が際立っていますね。さらに、申し込みから借りるまでの期間がとても短いものも増えています。すぐに借りたい時に最適なカードローンもたくさんありますよ。上手にお金を借りる方法として、有力な選択肢となるでしょう。

 

今すぐお金を借りる申し込みランキング

  おすすめ順 年利 限度額 公式
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 500万円 申し込み
アコム
3.0%〜18.0% 800万円 申し込み
モビット
モビット
3.0%〜18.0% 800万円 申し込み
レイク
4.5%〜18.0% 500万円 申し込み

 

初めて借りる時の注意点

お金を初めて借りる、そんな方が注意しておきたいことがあります。最近はカードローンなども、申し込み方法がわかりやすく、即日融資可能なものもたくさん見つかりますよね。借入自体の難しさはないといってもよいでしょう。しかし、簡単だからこそ気をつけておきたいこともあるのです。

 

必要な額のみ借りる

お金を借りる時にやってしまいやすいのが、「ちょっとだけ多めに借りる。」ということです。せっかく借りるから、必要な額は5万円だけど、10万円借りておこうと考えてしまいます。しかし、借りている限りはその額に利息がかかります。使わないかもしれない金額のために、返済するまで利息を支払うことだけは避けたいですよね。

 

返済計画を立てる

ローンなどに申し込みをする際、借りられた段階でゴールと考えてしまいがちです。お金が必要な時にはそういう気持ちになってしまうのは、確かに自然とも言えるでしょう。しかし、借りて終わりではなくきちんと返済して、完済してこそゴールなのです。申し込み前に、きちんと返済計画を立てておきましょう。

 

安全な金融機関を選ぶ

急いでいる時や、どうしても借りたい時、「どこでもいいか。」とローン選びをしてしまうのもよくありません。どんな方にもそれぞれ利用しやすいローンがあります。さらに、絶対に考えておきたいのが安全な金融機関を選ぶということです。違法な金融業者の数は大変減っています。しかし、なくなったわけではありません。また実際に被害に遭った方もいるのです。安全性をチェックしてから申し込みましょう。

 

友達にお金を借りてはいけない!

 

気軽にお金を借りる相手として友達がふと思い浮かんだ方、実は大きな問題を引き起こすかもしれません。絶対に友達にお金を借りてはいけないのです。

 

カードローンなどを利用するのとは違って、誰かにお金を借りることは簡単にできそうですよね。貸してほしいと頼めばよいだけで、利息なども払う必要がないわけです。しかし、自分が貸す立場に回ってみましょう。

 

返すからという約束があっても、期限前には「ちゃんと返してくれるかな?」という不安が出てきます。また返済の期限日を過ぎてしまっても、返してくれとはっきりとは言いにくいものですよね。貸した側だけが悩みを抱えて、借りた側は忘れてしまいやすい、これが友人間でお金を借りる時の大きな問題です。

 

ここでわだかまりが残らないということはまずありません。その後は、なんとなく疎遠になってしまい、友達を失ってしまうということも起こるのです。これは金額の大きさに関わらないと考えておいたほうがよいでしょう。そもそもお金を貸してほしいと頼まれた時点で、「友達と本当に思っている?」と疑問を抱いてしまうのではないでしょうか。

 

気軽さや簡単さが先に立つ友達にお金を借りるという方法です。しかし、リスクは思ったよりも大きいものとなるでしょう。金融機関でお金を借りることは、最初は難しさも感じます。しかし、きちんと利用した分の利息を支払い、返済することはリスクに直結するものではありません。お金が必要な時には、適切なローンを選び、それを利用したほうがベストの解決策となるでしょう。

 

お金を借りることをメリットにできる?

お金を借りることは、デメリットと考えている方も多いですね。借金と聞くとネガティブなイメージを持たれやすいものです。しかし、世の中でまったく一度もお金を借りずに生きていくということが、果たして本当に実現できることなのでしょうか?

 

住宅ローンは、家を新築する方、購入する方はほとんどの方が利用するものでしょう。マイカーローンも同様に、利用せずに自動車を購入する方のほうが少数派ではないでしょうか。ローンは上手に使うことができるものなのです。必要な時に必要なものを手に入れることができる、これもローンの大きなメリットとできるでしょう。

 

また、ローンの利用履歴はマイナスと考えてしまう方もいます。しかし、ローンを利用した記録は、そのローンを取り扱っている金融機関だけではなく、信用情報機関にも残ります。まったくローンの利用履歴が残っていないと、延滞などの記録がなくなったときではないか、と判断されてしまうかもしれません。いわゆるブラック明けという状態ではないのかと疑われてしまうのです。

 

今までにまったくローンを利用したことがないのに、ローン審査に落ちてしまった経験がある方もいるでしょう。これは「ブラックだったのでは?」と疑われてしまった可能性があります。住宅ローンなどに通るために、無理やりお金を借りるということではありません。必要に応じてローンを利用することは、デメリットばかりではないということです。もちろん、きちんと返済しているということが、ローン利用をメリットにできる前提となります。

今すぐ借りたい時は即日融資

最近のキャッシングは申し込みをした、その日にお金を借りることができる、カードローンが増えてきました。
キャッシングの申し込みをしたその日に審査結果が解り、審査に通過すればすぐにお金が借りられるので、急にお金が必要になっても心配する事はありません。
その代表的なのが大手消費者金融で、プロミスやアコム、アイフル、モビットなどがあり、即日融資は消費者金融だけでなく、一部の銀行カードローンでもこのサービスが受けられます。
その手軽さから、借りるときには注意が必要なのですが、うまく利用すればとても便利なツールになります。

 

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

即日融資はネット申込が便利

即日融資を申し込む場合、店頭から申し込みをする方法や電話で申し込みをする方法、ネットで申し込みをする方法などいろいろな方法が有ります。
お金は銀行振込みをして貰う方法と、ローンカードでお金を借りる方法があります。

 

ローンカードでお金を借りるには、自動契約機があるところへ行き、審査を受け、審査に通ればカードが発効されるので、それを使って提携ATMなどからお金が引き出せるようになります。

 

ネットから申し込みをする方法は、査の結果がメールで連絡が有るので、結果がくるまでの時間を利用して自動契約機に行けば時間の節約ができます。
キャッシングを利用するのがはじめての人は先にネットで申し込みをしてから自宅を出るのが便利です。

 

なお審査には必ず通過するとは限りませんので、審査結果の通知を受けてから、自動契約機まで行くか、銀行振込みで借りることをお勧めします。

 

遅くても当日午前中の申込がポイント

審査結果が出るのは最短30分と言うのが今では普通になっています。
ただし、曜日や時間帯によって申込件数が多い時が有るので、審査結果が出るのに時間が遅くなることがあります。

 

大手消費者金融はほとんどが、審査時間は最短30分となっています。
審査時間だけで見れば、どのキャッシングを申し込みしてもほとんど違いはありません。
銀行カードローンでも、即日融資が可能な銀行では、審査時間が最短30分という流れになってきています。
住宅ローンや事業性融資と比較すると、機械的に審査が行われているため、個人信用情報に問題がない人であれば、ほとんどが当日中に審査結果の連絡があります。
ただし当日審査をしてくれない銀行もまだまだ存在しますので、申し込み前に即日融資が可能かどうかを確認しておく必要が有ります。

 

銀行振込みは契約や振込手続きをいつまでに終わらせるかが重要

キャッシングの即日融資出来る大手消費者金融や、銀行カードローンの審査時間は30分が当たり前になってきています。
審査に通過すると、自分の口座へお金を振込してもらう事も可能です。
ただし14:00までに契約が完了している必要が有るところや、本人確認の書類が確認できなければならないとか、14:50分まで振込手続きが完了していなければならないなど、会社によって多少条件が異なるので注意が必要です。
また急ぎの時は、申し込みをしたあと後コールセンターに電話をする、審査を速めてくれるところもあるので、急ぎで借りたい時は、インターネットで申し込みをしたあと、電話で連絡を入れれば確実性は増します。

 

即日融資を受ける場合は、このように時間的な制限もあるので、事前に解っている時は前日の夜に申込を済ませておけば安心ですが、遅くても朝9:00になったらすぐに申し込み手続きを済ませましょう。
申し込みの混み具合によっても審査時間が異なってきますので、即日融資が可能だと言っても時間には余裕を持って申し込む事が重要です。

 

土日・祝日の借入でも大丈夫?

自動契約機でカードを発行しもらう方法は、土日・祝日に関係なく申し込み当日に審査に通過すればお金を借りることが可能です。
大手消費者金融や、銀行カードローンの一部では自動契約機を設置しています。
それらのキャッシング会社なら、土日・祝日であっても営業しているので、ネット申込を済ませ、自動契約機へ行けばカードが受け取れます。

 

大手消費者金融だけでなく、三井住友銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」、新生銀行カードローン「レイク」などの銀行以外に、口座を持っている必要がありますが、ソニー銀行やイオン銀行と言ったネット銀行なら口座振り込みで即日融資が受けられます。

 

専業主婦は注意が必要

キャッシングは正社員だけでなく安定した収入が有ればアルバイトやパート、派遣社員という職業形態であっても申込は出来ます。
ただ、消費者金融や信販会社は総量規制の対象になるので、収入のない専業主婦は申し込みができません。
仮に申込が可能なところが有ったとしても、ご主人の同意を得る必要が有ったりするので、実際のところ不可能と言えるでしょう。

 

銀行系のカードローンの場合は、配偶者に収入があれば申し込みができるカードローンもあるので、専業主婦がキャッシングを始めたい時は、専業主婦専用の商品が用意されている銀行系のカードローンなら申し込みが出来ます。

 

専業主婦ではなく、パートや内職で収入がある兼業主婦なら、消費者金融系でも銀行系でもキャッシングの申し込みが可能となっていますし、学生も年齢が20歳以上でアルバイトをしていればキャッシングの申し込みが可能です。

 

いずれにしても無職は申し込みができませんが、アルバイトやパート、内職であってもても申し込みが可能なので借りられるかどうかと言うような心配をする必要はありません。

急いでいても業者選びは慎重に

今すぐお金が必要と言う時、すぐに借りられるのならどこでもよいと思って、名前も知らないキャッシング会社へ申込をしてしまう方もいます。
いくら急いでいても、最低限のことは調べてから申し込む事が重要です。

 

「正規の業者以外は手を出さない」

銀行カードローンや大手消費者金融へ申し込むのなら何の問題もありませんが、名前も知らない消費者金融へ申し込むときは特に注意が必要です。
そういった中小消費者金融へ申込をする時は、正規の貸金業者なのかを調べる事を忘れてはいけません。

 

正規の貸金業者は、都道府県知事に届け出をし、許可番号をもらってはじめて事業ができます。
しかし、なかには「闇金」といった、無登録で貸金業を営んでいる悪質な業者も混在します。
そんな中から正規の業者かどうかを調べる方法は、金融庁のホームページに「登録貸金業者情報検索サービス」で調べられます。
申込を考えている業者の登録番号や所在地、商号などがわかれば、正規の貸金業者かどうかを調べられます。
登録番号に該当しない場合や、違う商号が出てきたときは「闇金」の可能性が有るのでいくら条件が良くても絶対に手を出してはいけません。

 

「金利や融資条件比較する」

キャッシングを始める時、一番気になるのが金利ですが、即日融資という事を優先して金利の比較をおこたると、あとで「それ以下の金利のところもあったのに」と後悔する事になります。
インターネット上には金利を比較しているサイトもあるのでそれらを利用すれば時間もかからないので、申込をする前には必ず比較してみる事が重要です。
また、どこへ申し込みをすれば即日融資が確実なのかを知りたい時は、口コミなどを利用すればすぐに調べられます。

 

「金利以外に比較する事」

最近はどこのキャッシング会社でも会員サービスが充実していますが、申込をする時、どんなサービスが有るのかを調べる事も大切です。
たとえば、自分の生活圏内、会社の行き帰りや、買い物ついでに立ち寄れる提携ATMがあるかどうかを調べることも重要ですし、提携ATMを利用する時、利用手数料が必要かどうかも重要です。
せっかく安い金利で借りたと思っていたのが、無駄な経費を支払う事で意味がなくなります。
これらの経費がかからない業者を選ぶ事も選択肢のひとつです。

確実に当日借りるなら無人契約機

無人契約機(自動契約機)は、全国いたるところに設置されており、365日営業しているので、銀行の営業時間外や、土日などの休日でも即日融資が可能です。
無人契約機が近くにあれば、365日何時でもお金が借りられます。

 

「無人契約機で申し込む」

キャッシングの申込は店舗窓口で担当者と対面形式で申込をするのが一般的でした。
しかし、お金を借りる姿を人に見られたくないという方も多く、店頭窓口での申込はよほどの事情がない限り、敬遠されていました。
しかし、対面形式の申込から無人契約機での申込方法になった事で利用者が急に増えたと言われています。

 

「インターネットと無人契約機を併用する」

もちろん無人契約機から直接申込は出来ますが、最近はインターネットで申し込む方法に人気があります。
この方法はホームページから申込を済ませ、仮審査までを終えて置き、無人契約機で本審査を受けるという方法で、契約完了後にカードを発行してもらい、カードを使ってお金を引き出すという方法です。
この方法のメリットは24時間365日何時でも、どこからでも申込が出来る事や、無人契約機はいつでも審査が受けられるので、365日営業中なら即日融資が可能と言うところです。

 

「無人契約機の使い方は簡単」

無人契約機から申し込む場合は、本人確認書類(運転免許証や健康保険証、パスポートなど)が必要になるので忘れずに持って行きましょう。
一般的には店舗にあるブースに入って無人契約機の前に座り、ガイダンスにそって進めていきます。
操作方法はコンビニATMと同じようなものなので、機械操作に不慣れなかたでも問題なく操作できると思います。
不安な点や操作に困ったことがあっても、備え付けの電話を使ってオペレーターに聞くこともできるので心配する必要はありません。
書類審査や在籍確認が終われば契約になり、契約書の内容確認をした後契約書にサインすればカードが発行されます。

 

無人契約機は厳密に言えば無人ではなく、室内のテレビカメラやディスプレイ自体がカメラになっているので、行動はすべてオペレーターにみられています。
誰にも見られていないと思い、挙動不審だったり態度が悪かったりすると、オペレーターに与える印象が悪くなるので注意が必要です。

キャッシングは両刃の剣

キャッシングは初めての人でも簡単に申込ができ、うまく利用すれば日常生活においても手助けをしてくれる便利なツールです。
即日融資ならすぐにお金が借りられる、という事がメリットですが、使い方によってはデメリットにもなります。
使い方を間違えると、日常生活に支障をきたす事もあるので、使い方には注意が必要です。

 

「足りないからと言う理由だけで借りる事は禁物」

当然お金がないから借りようとするのですが、単純にお金がないからと言うだけで借りる事は禁物です。
たとえば、毎月の収入が常に不足している時、その不足分を補うために、お金を借りるという事があります。
この場合、お金を借りると翌月は毎月の支払いに、借りたお金の返済を上乗せしなければなりません。
その返済はどうするのか、当然生活費が不足しているので、借りたお金を返済するには、新たな借入先を探す事になってしまいます。
それが重なると、やがては多重債務者となり、あとは債務整理しかないということになってしまいます。
「借りたら何とかなる」という安易な考えで借りるのではなく、借りる前に生活費の見直しをする必要が有ります。

 

「必要以上のお金は絶対借らない」

お金を借りる時、慣れてしまうと「ついでだから少し多めに借りておこう」というに多めのお金を借りるような事があります。
無駄なお金を借りると、無駄な金利を支払う事にもなるので「必要以上のお金は絶対借らない」という心掛けが大事になります。
無駄を省いて必要以上のお金を使わない事で、キャッシングは便利なツールになります。

 

「借りたお金の返済は短期返済が鉄則」

キャッシングでお金を借りると翌月から返済が始まります。
キャッシングの利用法は短期で返済する方法が一番良いのですが、どうしても返済が長期になる場合は、返済方法が重要になります。

 

毎月の返済額は低めに設定されているので、返済は楽に続けられますが、毎月返済だけの支払いは返済期間が長くなり、長くなればなるほど利息を含めた総返済額が増えてしまいます。
反対にキャッシングの金利は、日にち計算なので返済期間を短くすればするほど、利息は少なくなります。
無駄な利息を支払わないためにも、無理のない時期を見て一括返済してしまうか、お金に余裕ができた時は、繰り上げ返済をして返済期間を少しでも短くする事が、賢いお金の借り方です。

即日融資は少ない書類で申し込む

手持ちのお金が少ない時、「給料日までの間、一時的にお金を借りたい」という時があります。
そんな時、便利なのがキャッシングの即日融資で借りるのもひとつの方法です。
ただ、即日融資で借りるには、申込から契約まで、いかにスムーズに進めるかが重要になってきます。
そのためには、少ない書類で審査を受ける事が肝心で、それらの書類を事前に用意しておけば審査はすぐに終わります。

 

「キャッシングで必要になる書類」

消費者金融のキャッシングや銀行カードローンの申込で、必ず提出しなければならない書類があります。
必ず必要になるのが本人確認書類で、申込者が本人に間違いない事を確認するための書類です。
この書類はどこへ申し込むにしても、最低限必要なので事前に用意しておく必要があります。
本人確認書類は、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの写し1点が必要になります。
また、申込書に記入した現住所と、本人確認書類に記載されている住所が違う場合、納税証明書や、社会保険料の領収証、公共料金の領収証(電気、都市ガス、水道、固定電話、NHKなど)の写しが必要になります。

 

「その他の追加書類」

消費者金融は総量規制で、借入希望額が50万円を超える時や、他社借入れがあり、その借入残高と借入希望額の合計が100万円を超える時は、別途「収入証明書類」を提出する事になります。
収入証明書類には、源泉徴収票や直近1〜2カ月分の連続した給与明細、納税証明書、所得証明書、などの書類をいいます。

 

銀行カードローンの場合は総量規制に影響されないので、銀行ごとに
そのため、銀行カードローンの場合、銀行によって基準が違うので、収入証明書類を必要になるのは、借入希望額が100万円以下や200万円以下、300万円以下は不要というように銀行ごとで違ってきます。

 

「収入証明不要で申し込む事がポイント」

キャッシングは事前に書類を用意して申込をすれば、あとはキャッシング会社が進めていくだけです。
借入希望額をいくら多くしても初回融資額は50万円以下になる事がほとんどなので、収入証明書類が必要な借入希望額にしても、審査に時間がかかるだけです。
審査をスムーズに終わらせるためにも収入証明書類不要の希望額で申込のがポイントです。
仮に限度額が少なくても、必要であれば後から増額申請で限度額を増やす事も出来るので心配いりません。