お金を借りるなら

お金を借りるにはどんな方法がある?

お金を借りる方法は一つだけではありませんね。

 

金融機関に借りる、親に借りる、友達に借りるなど様々な方法が考えられます。

 

しかしどの方法を選ぶのかによって、後々まで大きな影響を及ぼしてしまうこともあるのです。

 

どうやってお金を借りるのか、その方法の選び方はとても重要でしょう。

 

金融機関といっても、銀行だけではありません。消費者金融や信販会社、クレジット会社などもお金の借入先として選ばれています。お金を借りる場合は、ローンを利用することになりますね。ローンは、借入目的に応じて適切なものを選ぶようにしましょう。

 

また、ローンは法律によって借りられる額や、利用できる方に制限が見つかることもあるでしょう。たとえば、貸金業法の規制を受けている消費者金融は、本人収入がある方しか申し込めません。アルバイトやパートなど、勤務形態は問われないことが多いのですが、安定した収入がある方が申し込みの対象となっています。

 

お金を借りる方法は、難しいと考えられがちです。しかし、最近は担保なしかつ保証人がなくても申し込みできる、カードローンも大変人気が高くなっています。カードローンは繰り返しの利用や、借入目的を自由に決められることなど、使いやすさの点が際立っていますね。さらに、申し込みから借りるまでの期間がとても短いものも増えています。すぐに借りたい時に最適なカードローンもたくさんありますよ。上手にお金を借りる方法として、有力な選択肢となるでしょう。

 

初めて借りる時の注意点

お金を初めて借りる、そんな方が注意しておきたいことがあります。最近はカードローンなども、申し込み方法がわかりやすく、即日融資可能なものもたくさん見つかりますよね。借入自体の難しさはないといってもよいでしょう。しかし、簡単だからこそ気をつけておきたいこともあるのです。

 

必要な額のみ借りる

お金を借りる時にやってしまいやすいのが、「ちょっとだけ多めに借りる。」ということです。せっかく借りるから、必要な額は5万円だけど、10万円借りておこうと考えてしまいます。しかし、借りている限りはその額に利息がかかります。使わないかもしれない金額のために、返済するまで利息を支払うことだけは避けたいですよね。

 

返済計画を立てる

ローンなどに申し込みをする際、借りられた段階でゴールと考えてしまいがちです。お金が必要な時にはそういう気持ちになってしまうのは、確かに自然とも言えるでしょう。しかし、借りて終わりではなくきちんと返済して、完済してこそゴールなのです。申し込み前に、きちんと返済計画を立てておきましょう。

 

安全な金融機関を選ぶ

急いでいる時や、どうしても借りたい時、「どこでもいいか。」とローン選びをしてしまうのもよくありません。どんな方にもそれぞれ利用しやすいローンがあります。さらに、絶対に考えておきたいのが安全な金融機関を選ぶということです。違法な金融業者の数は大変減っています。しかし、なくなったわけではありません。また実際に被害に遭った方もいるのです。安全性をチェックしてから申し込みましょう。

 

友達にお金を借りてはいけない!

 

気軽にお金を借りる相手として友達がふと思い浮かんだ方、実は大きな問題を引き起こすかもしれません。絶対に友達にお金を借りてはいけないのです。

 

カードローンなどを利用するのとは違って、誰かにお金を借りることは簡単にできそうですよね。貸してほしいと頼めばよいだけで、利息なども払う必要がないわけです。しかし、自分が貸す立場に回ってみましょう。

 

返すからという約束があっても、期限前には「ちゃんと返してくれるかな?」という不安が出てきます。また返済の期限日を過ぎてしまっても、返してくれとはっきりとは言いにくいものですよね。貸した側だけが悩みを抱えて、借りた側は忘れてしまいやすい、これが友人間でお金を借りる時の大きな問題です。

 

ここでわだかまりが残らないということはまずありません。その後は、なんとなく疎遠になってしまい、友達を失ってしまうということも起こるのです。これは金額の大きさに関わらないと考えておいたほうがよいでしょう。そもそもお金を貸してほしいと頼まれた時点で、「友達と本当に思っている?」と疑問を抱いてしまうのではないでしょうか。

 

気軽さや簡単さが先に立つ友達にお金を借りるという方法です。しかし、リスクは思ったよりも大きいものとなるでしょう。金融機関でお金を借りることは、最初は難しさも感じます。しかし、きちんと利用した分の利息を支払い、返済することはリスクに直結するものではありません。お金が必要な時には、適切なローンを選び、それを利用したほうがベストの解決策となるでしょう。

 

お金を借りることをメリットにできる?

お金を借りることは、デメリットと考えている方も多いですね。借金と聞くとネガティブなイメージを持たれやすいものです。しかし、世の中でまったく一度もお金を借りずに生きていくということが、果たして本当に実現できることなのでしょうか?

 

住宅ローンは、家を新築する方、購入する方はほとんどの方が利用するものでしょう。マイカーローンも同様に、利用せずに自動車を購入する方のほうが少数派ではないでしょうか。ローンは上手に使うことができるものなのです。必要な時に必要なものを手に入れることができる、これもローンの大きなメリットとできるでしょう。

 

また、ローンの利用履歴はマイナスと考えてしまう方もいます。しかし、ローンを利用した記録は、そのローンを取り扱っている金融機関だけではなく、信用情報機関にも残ります。まったくローンの利用履歴が残っていないと、延滞などの記録がなくなったときではないか、と判断されてしまうかもしれません。いわゆるブラック明けという状態ではないのかと疑われてしまうのです。

 

今までにまったくローンを利用したことがないのに、ローン審査に落ちてしまった経験がある方もいるでしょう。これは「ブラックだったのでは?」と疑われてしまった可能性があります。住宅ローンなどに通るために、無理やりお金を借りるということではありません。必要に応じてローンを利用することは、デメリットばかりではないということです。もちろん、きちんと返済しているということが、ローン利用をメリットにできる前提となります。